読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えて、感ガエル。

たぶん、思ってる以上にはシンプルなよのなか。

感じ方。備忘録。

今の”感じ方”を書き残して保存しておきたいな~ってタイミングで時間のかかる上書き保存がはじまります。まみさんです。 聞いてください。卵かけごはんってあるじゃないですか。TKG。ごはんに卵をかけるのがスタンダードでしょう?じゃあ逆に卵にごはんをか…

カメラの話。

cp+に行ってきました。行くようになってから今年で3年目。 単純にカメラが好きというのには変わりはないのだけれど、初めての頃というのは、何もかも分からないものなのです。 当時に比べたら本当にたくさんお話できるようになりました。すごいよ。相手の言…

チョコの精霊。

つい数日前のお話。成城石井に立ち寄っていました。 「このチョコレート美味しいらしいわよ~!!」「知り合いの家族が、もうこれしかうちは食べてないって言ってたわ!!」「本当は3種類あるのに、ほら、もう1種類しかない。人気なのね~!!」 彼女たち…

話したいことを話したい。

例えば、記憶がないものをどうして事実だと言えるのだろうか。例えば、見えていないものがわかるとは一体全体どういうことなんだろうか。 シータヒーリングというものを通して、物理世界と精神世界の関係性を否応なしに見届けるようになって、あえて哲学に立…

年始のごあいさつ。

あけましておめでとうございます。年末のあいさつは頑張ったけれど、年が明けてから20日経ってしまった。今年もどうかどうぞよろしくお願い致します。 実は年始はいつも「働き時だぜWRYYY」みたいな感じでした。正月遊んでくれる人が居ないからいじけて働い…

年末のごあいさつ。

2016年は、いろんなことが終わって、いろんなことが始まりました。 終わったのではなく、たぶん続いているんだと思うけど。 過去の自分を無かったことにしようとするから今の自分を愛せなくなるんだよって教えてもらったのさ(笑) 今年も初めてなことがたくさ…

カレー。

私はインドカレーが好きです。 正直、カレー好きの自覚はなかった。 独り暮らしを始めてから、カレーを作る頻度が他の料理よりSNSでちょっと目立つくらい。 「カレーが好きなんやね」と言われて、心のなかでは「そうかな?」と返事をしていた。 カレーでよく…

終戦記念日。

日本電波塔をご存知でしょうか。1958年12月23日に竣工し高さは333メートルの…つまり東京タワーのこと。押上の電波塔に倍近くの差を付けられてしまい、もし感情があるとしたら悔しくてツンツンしたかもしれませんよね。ツンツンしてるけど。 電波塔と言えばス…

コミケでした。

夏です。コミケです。 参加する人は当日に汗水垂らす日。出展する人はそれまでに汗水垂らす日。しかし水分の循環は人気に比例する。私もさりげなく出展してました。心は潤っています(さてどういう意味だろう) 「うぃじー×うぃじー」というサークルで、描いて…

会話の話 その②。

続きです。(http://byu-sunday.hateblo.jp/entry/2016/05/14/224422)前回は「言葉は贈り物」ということを話しました。しかし、どんなに悩んで選んだ言葉でも、相手に上手く届かない場合があるのです。「何でも話せる関係」というものは、とても魅力的です。…

会話の話 その①。

ここ最近何度も感じることがあって、それがようやく「なるほど!」となったお話です。私の経験に基づく私の分析に基づいています。ご了承下さい。私が度々言う「自分を知ること」のやり方のヒントとして見るのも良いかもしれません。非常に長くなってしまっ…

「自分探し」のこと。

この文が、知人の服の"Find yourself"という言葉で先日大いに盛り上がったことがキッカケだなんて流石に言えませんなあ…「自分探し」それまでの自分の生き方、居場所を脱出して新しい自分の生き方、居場所を求めること。(大辞泉より)自分の現状に満足できず…

名前の話。

今回は少し個人的なお話です。先日、芸名というものを変えました。「びゅう」という名前で数年間、いろんな方々と仲良くして頂きました。今は「神蔵 愛」、かみくら まなみと名乗っています。名前だけ本名です。このびゅうという名前になるきっかけは、高校…

理想の範囲について。

突然ですが、私はなりたいと思ったものには絶対なれるものだと思っています。すべて、一応、不可能なことではないと思うんです。 今「じゃあ猫になりたいって思ったらなれんのかよ~」とか思いませんでした?笑 それは本心じゃないと難しいかも…でも冗談抜き…

「謝る」ということ。

ふと「謝罪」について思い浮かんだので、書き留めようかなと。 何を隠そう私は「聞いてもいない理由を聞かされること」が大嫌いなのです。この世で一番興味がないことかもしれません。本人は言い訳のつもりでなくとも、優先される感情の方向でそれはいくらで…